AirB Web Site
Home
News
About AirB
Activity
How-To
Try
Grand Prix
Membership
Links
Mail Magazine
Shop
Contact Us
HONDA
スルガ銀行
JBS
News
2013熱気球ホンダグランプリ最終戦
「2013とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 」レポート
11月20日〜24日までの5日間、栃木県 茂木町ツインリンクもてぎ、芳賀町、宇都宮市道場宿緑地を会場に、栃木・茨城に渡る広範囲のフライトエリアで、「2013とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ」が開催されました。
競技気球は32機、2013熱気球ホンダグランプリの最終戦に相応しく、世界チャンピオンはじめその国を代表するパイロット達が参戦!華やかで熱い空の戦いを繰り広げました。
20日 朝は、ツインリンクもてぎからの一斉離陸。参加パイロット達に人気の高い那珂川下りのフライト。ロンチサイトの第2アクティブセーフティトレーニングパークから離陸した競技気球は、雲海と美しい紅葉の八溝山系を見降ろしながら、那珂川上空を気球で下る素晴らしいフライトとなりました。道の駅 桂をゴールにした#1 JDGをはじめ#2 PDG、#3 JDG、#4 FON、#5 FONの5タスクを実施。難易度の高いとちぎ大会らしいスタートです。
午後は、芳賀町でのフライトを予定していましたが、強風のためキャンセルになりました。
紅葉の美しい山々から那珂川を臨む 晩秋の茂木 参加パイロットも思わず息をのむ美しさ
紅葉の美しい山々から那珂川を臨む
photo by Monya
晩秋の茂木 参加パイロットも思わず息をのむ美しさ
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
21日 朝は、風向が悪く予定されていたツインリンク茂木のロンチサイトは利用できず、茂木町から城里町に向けてのフライト。ひとつ目のターゲットは茂木高等学校の第2グランド。久しぶりに町の上空にたくさんの気球が飛んで、茂木町のファンの方は大喜びでした。#7のPDGではジョニー・ペトレン(USA)選手が0.10mのオン・ターゲット。2日目までの10タスクでなんとオン・ターゲット(10m×10mのターゲット上にマーカーを投下すること)を見せた選手が平均7名というレベルの高さを見せました。
この日の朝も#6 FIN、#7 PDG、#8 JDG、#9 JDG、#10 FONの5タスクを実施、距離も時間もロングフライトで多くの方が、青い空に浮かぶカラフルな気球を目にしたことでしょう。2日目の午後も、風が強く競技はキャンセルとなりました。
茂木高校第2グランド目指して ターゲット上空のせめぎ合い 上田選手オン・ターゲット
茂木高校第2グランド目指して ターゲット上空のせめぎ合い 上田選手オン・ターゲット
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
22日朝は、ツインリンクもてぎから一斉離陸。#11 JDG、#12 FON、#13JDG、#14 FONの4タスクが行われ、4タスクとも日本の選手が1000ポイント(タスクトップ)を獲得しました。中でも初出場の満行選手が#14で0.32mの好成績でタスクトップ。ベテラン強豪選手の中での快挙といえるでしょう。
午後は、芳賀町のひばりが丘公園からの一斉離陸。綺麗に晴れ上がった空に浮かび上がる気球が夕日に向かってフライトする美しい競技となりました。ここからの離陸は地元の皆さんにすっかり認知され、多くの観客の皆さんに見送られ#15 HWZと#16 PDGを実施。2タスクともグランプリに「Sushi&Sapporo」としてチームエントリーしているUKのリチャード・パリー選手がいずれも1.3m以内の好成績でタスクトップを獲得しました。
ツインリンクもてぎからTAKE OFF 午後のタスクHWZのゴールで 計測班は大忙し
ツインリンクもてぎからTAKE OFF 午後のタスクHWZのゴールで 計測班は大忙し
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
23日からはメインロンチサイトを宇都宮市の道場宿緑地の移しての開催。6:00前から会場はたくさんの気球ファンの皆さんが、寒く美しい空を見上げています。
この日ひとつ目のタスクは、会場に設けられたターゲットにマーカーを投下するFIN。 松本選手の0.41mのタスクトップをはじめ、10名がオン・ターゲットを見せ、会場からはその雄姿に惜しみない拍手が送られました。また、芳賀町の野元川と五行川の合流地点より南西の田んぼに設定された#18のJDGでは須江選手が0.00mのジャスト オン・ターゲットの快挙!計測班も思わず「オン・ターゲット!」と声をあげたとのことです。
4日目の朝は#17 FIN、#18 JDG、#19 PDG、#20 JDG、#21 FONの5タスクを実施。
会場の気球ファンの皆さんは、芳賀町方面に飛んでいくカラフルなバルーンを見送った後、体験搭乗や熱気球教室を楽しみました。この日、長年子どもをはじめたくさんの人に愛されたバルえもん(ドラえもんのシェイプトバルーン)が最後の雄姿を見せてくれました。
空に向かって両手を上げるバルえもんに、観客の皆さんは惜しみない拍手を送りました。バルえもん!ありがとう!お疲れ様でした。
宇都宮会場は、ステージイベントや会場をグルリと取り巻くテントブースがお祭り気分を盛り上げてくれます。バルーンASIMOが描かれた風船を持つ子どもたちや家族で温かい食べ物を囲む姿が目立ちました。バルーン会場でしか手に入らない、バルーングッズも人気でした。会場の皆さんは秋の空の祭りを楽しんでいました。
午後は、#22 PDG 芳賀町で競技が行われました。フライトエリアが広く、また競技実施時の風向によって、離陸地もゴールも変わるとちぎ大会。観客の皆さんにとっては、ブログを頼りに空を見上げて競技気球を追いかけるのが、あたりまえになりつつあります。しかし、いずれもハイレベルな戦いで、ターゲット近くでは集まった子供たちから「がんばれ〜!」の声援と拍手が巻き起こり、参加選手も応援に応えて手を振るフレンドリーな競技会になってきました。
23日夜は、熱気球ホンダグランプリの人気イベント「バルーンイリュージョン」(夜間係留)がツインリンクもてぎで開催。スーパースピードウェイに1列に並ぶ28機の気球が「バーナーズ・オン!」を合図に一斉に光り輝きます。気球と音楽と花火とのコラボレーションに感激した夜でした。
宇都宮会場のゴール目指して 芳賀町ひばりが丘公園からの離陸 芳賀町上空を飛ぶ競技気球
宇都宮会場のゴール目指して 芳賀町ひばりが丘公園からの離陸 芳賀町上空を飛ぶ競技気球
photo by Satoshi
ロンチサイト上空競技気球から見た宇都宮市街地 TRMでバーナーズ・オン! 会場では体験搭乗 バルえもん最後の雄姿
ロンチサイト上空競技気球から見た
宇都宮市街地 photo by Satoshi
TRMでバーナーズ・オン! 会場では体験搭乗 バルえもん最後の雄姿
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
24日最終日の朝は、宇都宮のロンチサイトから一斉離陸。
#23 JDG、#24HWZ、#25 FON、#26 FON 4タスクを実施。5日間の最後のフライトとあって、参加パイロットの緊張感と闘志が伝わるようなTake Offでした。
競技気球を見送った会場では、オフィシャルバルーンのASIMOやBNS1が空へ。。。
その後、観客の皆さんにふわり熱気球体験をご案内しました。約1000人の方に熱気球体験搭乗をお楽しみいただき、宇都宮により気球ファンが増えたことを実感した2日間でした。
宇都宮会場からの一斉離陸に感動 宇都宮から芳賀町へラストフライト 脇本パイロット率いるバンドのライブステージ
宇都宮会場からの一斉離陸に感動
photo by T.Kozue
宇都宮から芳賀町へラストフライト 脇本パイロット率いるバンドのライブステージ
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
5日間で7フライト26タスクが実施された本大会は、カテゴリー1に相応しいハイレベルな戦いで、見ている私たちに感動を与えてくれました。特に今年は日本の若いパイロットたちの活躍が目覚ましく、タスクトップを15も獲得したことが印象的でした。
観客動員は13万4000人。栃木・茨城の空は美しい戦いのステージとなりました。
優勝は日本の水上孝雄選手。昨年、思うような成績が残せなかった水上選手の喜びはひとしおでした。また「2013熱気球ホンダグランプリ」はやずやバルーンチーム (パイロット藤田雄大選手)が史上初の5連覇(昨年まではB.U.Mバルーンチームという名でエントリー)をしていました。
2013熱気球ホンダグランプリの1・2・3位 2013とちぎ熱気球インターショナルチャンピオンシップの1・2・3位 2013とちぎ熱気球インターショナルチャンピオンシップの4位〜10位
2013熱気球ホンダグランプリの1・2・3位 2013とちぎ熱気球インターショナルチャンピオンシップの1・2・3位 2013とちぎ熱気球インターショナルチャンピオンシップの4位〜10位
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
最後になりましたが本田技研工業株式会社、スルガ銀行はじめ「熱気球ホンダグランプリ」各大会に協賛してくださった各社、そして各自治体の皆様に心より感謝いたします。
来年も、よりヒートアップした熱気球競技会とたのしいイベント盛りだくさんの「熱気球ホンダグランプリ」にしたいと思っております。今後とも応援をどうぞよろしくお願いいたします。
※タスク(競技)内容の詳細はこちらをご参照ください▼
2013とちぎ熱気球
 インターナショナルチャンピオンシップ
 競技結果
2013熱気球ホンダグランプリ
 年間成績
1位 水上孝雄 日本 20142P
2位 須江哲洋 日本 19947P
3位 ジョニー・ペトレン USA 17916P
4位 藤田雄大 日本 17849P
5位 マシュー・スケイフ AUS 17707P
6位 レット・ハートシル USA 17672P
1位 やずやバルーンチーム 326P
2位 TOTOバルーンレーシングチーム 295P
3位 Team LAPUTA 278P
4位 Sushi&Sapporo 266P
5位 SALTYDOGS 259P
6位 The Aero-Libertines 244P
※詳しいリザルトはこちらをご覧ください▼
2013熱気球ホンダグランプリ 各大会のリザルト
渡良瀬 佐久 鈴鹿 佐賀 とちぎ
2017一関・平泉 初級オブザーバー講習会開催のお知らせNEW!
東日本大震災復興支援熱気球イベント 第21回「空を見上げて」IN東京 2017年8月5日(土)〜6日(日) 熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある!!!
「2017熱気球ホンダグランプリ」開催日程
所沢航空記念公園 早起きして「ふわり」熱気球体験 2017年のスケジュール
空の強者たちが王者の座をかけて佐賀「2016熱気球ホンダグランプリ」最終戦 「2016佐賀熱気球世界選手権」レポート
2016熱気球ホンダグランプリ第4戦 一関・平泉バルーンフェスティバル2016レポート
第19回「空を見上げて」IN亘理 レポート 〜熱気球と笑顔で復興支援〜
「2016佐賀熱気球世界選手権」告知イベント「バルーンフェスタIN駒沢」レポート
2016熱気球ホンダグランプリ第3戦「鈴鹿バルーンフェスティバル2016」レポート
東日本大震災復興支援イベント第18回「空を見上げて」IN大船渡
東京ベイフロントに熱気球が!東日本大震災復興支援イベント第17回「空を見上げて」IN東京
「佐久バルーンフェスティバル2016」レポート
第16回「空を見上げて」INいわき「いわきバルーンフェスティバル2016」―熱気球の側にはいつも子供たちの笑顔がある!― レポート
満開の桜との競演「渡良瀬バルーンレース2016」レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2015」レポート
「2015佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
東日本大震災復興支援イベント 第15回「空を見上げて」IN亘理 レポート
2015熱気球ホンダグランプリ第3戦 一関・平泉バルーンフェスティバル2015レポート
第13回「空を見上げて」IN東京 レポート〜気球に乗って被災地支援!〜
「佐久バルーンフェスティバル2015」レポート
2014熱気球ホンダグランプリ最終戦「2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 」レポート
「2014佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
一関・平泉バルーンフェスティバル2014レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2014」レポート
熱気球大会ボランティアスタッフ*オブザーバー*アナウンサー 募集中
第10回「空を見上げて」IN大船渡 レポート
第9回「空を見上げて」IN東京 レポート 〜気球に乗って被災地支援!〜
「佐久バルーンフェスティバル2014」レポート
「渡良瀬バルーンレース2014」レポート
「一関・平泉バルーンフェスティバル2014」の開催が決定しました
2013熱気球ホンダグランプリ最終戦「2013とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ」レポート
「2013佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
第8回「空を見上げて」IN亘理レポート
一関・平泉バルーンフェスティバル2013レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2013」レポート
第7回「空を見上げて」IN大船渡 レポート
第6回「空を見上げて」IN東京 レポート〜気球に乗って、被災地支援!〜
エジプトでの熱気球の事故と今後のAirBの活動に関して
一関・平泉バルーンフェスティバル レポート
「今日までがんばってきてよかった」の声を聞くことができて
「佐久バルーンフェスティバル2011」震災復興支援イベントのご報告
日本気球連盟渡良瀬連絡会 東日本大震災復興支援イベント「熱気球応援隊」
地震お見舞いとお知らせ
人気コミック「よつばと!」でグランプリ大会が!
動くパノラマ写真@所沢航空記念公園
動くパノラマ写真@鈴鹿BF
クリスマス夜間係留体験搭乗@所沢航空記念公園
両毛クリスマス・バルーン・フェスタ2009 レポート
ワールド・エア・ゲームズ2009 イタリア トリノで開催!
はじめまして!駒沢公園@バルーン!〜2008 バルーンフェスタin 駒沢〜
モンゴルバルーンフェスティバル2008 開催報告
World Balloon Trophy - Honda Cup 2008 HONDA Team 4位!
18th FAI World Hot Air Balloon Championship「第18回 熱気球世界選手権」開催!日本代表選手を応援しよう!特集
HONDA NEW BALLOON ☆ お披露目フライト
渡良瀬熱気球教室@藤岡町の小学校
Copyright (C) AirB 2013. All Rights Reserved.