AirB Web Site
Home
News
About AirB
Activity
How-To
Try
Grand Prix
Membership
Links
Mail Magazine
Shop
Contact Us
HONDA
スルガ銀行
JBS
News
第9回「空を見上げて」IN東京 レポート
〜気球に乗って、被災地支援!〜
8月2日3日に江東区有明の東京臨海広域防災公園で東日本大震災復興支援熱気球イベント第9回「空を見上げて」IN東京を開催しました。
参加気球はホンダのAISIMO、スルガ銀行のDream Direct号、佐賀市のSIBFO2、一関市の黄金の国一関・平泉号、そしてワンダーグローブ号の5機。
東京で「空を見上げて」を実施することで被災地の現状にもう一度関心を持っていただきたいという趣旨で、2回目の開催になります。今年も「笑顔プロジェクト」をはじめ、震災の復興支援をしている5団体が出展、活動報告と東北の物産・グッズを買って被災地を応援しよう!と気仙沼の潮騒ダーをはじめ被災地支援の商品が並びました。
夏の空に映える気球 早朝から多くの気球ファンが列をつくりました スカイツリーや東京タワーも見えましたよ
夏の空に映える気球 早朝から多くの気球ファンが列をつくりました スカイツリーや東京タワーも見えましたよ
とびきりの笑顔を!「笑顔プロジェクト」 バーナー体験も人気です! 上手にかけました!
とびきりの笑顔を!「笑顔プロジェクト」 バーナー体験も人気です! 上手にかけました!
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
開催日は両日35℃という猛暑。でも、まさに夏の空!といった素晴らしい天気に恵まれ、上空からの景色は最高でした。また、5機の気球がウォーターフロントの高層ビルを背景に浮かぶ光景は誰もが感激。自宅マンションから見えたので自転車で来ました!という方もいました。
早朝から子供連れのゲストが列を作り体験搭乗開始の7:00には200名近くの方が長い列を作っていました。朝から陽射しが照り付ける会場、今年も日傘の貸し出しが好評でした。(一関の厳美渓レストハウスからお借りしました)そんな中、5機の気球が立ち上がると列を離れて写真を撮る方、その大きさに、初めて間近で見る本物の気球に歓声があがります。上空、約20mからは、お台場に立つビルや朝日に輝く海、東京タワーや東京スカイツリーも見ることができ、とても贅沢な景色でした。体験搭乗後は、子供スケッチ大会。真っ白な画用紙は、見る見る内にカラフルなバルーンでいっぱい。家族で空を見上げて無心に絵を描く子供たちも笑顔でいっぱい。プレゼントされたクレヨンを持ってニコニコ顔でした。2日間で気球に乗った方は581名。「東京で気球に乗れるとは思ってなかった!」「素晴らしい企画なので、来年も再来年もずっと続けてくださいね」などと励ましのコメントをいただきました。2日夜のバルーンイリュージョンにも昨年と比べ多くの観客が集まりました。有明にバーナーオン!の声が響き、光輝く気球も格別に美しく、大会などでバルーンイリュージョンを見ているボランティアスタッフたちもビルの明かりを背景に光るバルーンに感激していました。
当日は、NHKや毎日新聞はじめ数々のメディアが東日本大震災の復興支援イベントであることを報道。会場で気球に乗る皆さんにも「空を見上げて」というイベントの趣旨をお話しして改めて被災地に目を向けていただく一助となったことと思います。
上空からは東京湾も望めます 気球に乗ると誰もが笑顔に! 暑い日に人気の潮騒ダー
上空からは東京湾も望めます 気球に乗ると誰もが笑顔に! 暑い日に人気の潮騒ダー
バーナーオン! お疲れさまでした また、来年!
バーナーオン! お疲れさまでした また、来年!
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
今年も猛暑の中、熱気球を上げたのは2日間延べ103名のボランティアスタッフの皆さん。中には第1回の大船渡から全活動に参加している人もいました。また佐賀市や一関市をはじめ、協賛各社、並びに東北からの復興支援団体ブースの皆さん。早朝から、暑い中本当にお疲れさまでした。今後もこのイベントは継続していきたいと考えております。事前告知に力を入れ、よりたくさんの方に体験搭乗を楽しんでいただき、親子で夏休みの思い出づくりと東日本大震災の支援が一度にできる体験イベントとして開催できることを願って!
尚、次回の「第10回 空を見上げて」は8月30日31日に岩手県大船渡市で開催予定です。復興は長丁場です。でも、被災された方たち、とりわけ子どもたちの笑顔を見ると勇気づけられます。大船渡の皆さん待っていてくださいね。
「2017熱気球ホンダグランプリ」第3戦-東日本大震災復興支援イベント-一関・平泉バルーンフェスティバル2017開催NEW!
東日本大震災復興支援イベント第22回「空を見上げて」IN大船渡開催〜熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある
東日本大震災復興支援熱気球イベント 第21回「空を見上げて」IN東京 2017年8月5日(土)〜6日(日) 熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある!!!
「2017熱気球ホンダグランプリ」開催日程
所沢航空記念公園 早起きして「ふわり」熱気球体験 2017年のスケジュール
空の強者たちが王者の座をかけて佐賀「2016熱気球ホンダグランプリ」最終戦 「2016佐賀熱気球世界選手権」レポート
2016熱気球ホンダグランプリ第4戦 一関・平泉バルーンフェスティバル2016レポート
第19回「空を見上げて」IN亘理 レポート 〜熱気球と笑顔で復興支援〜
「2016佐賀熱気球世界選手権」告知イベント「バルーンフェスタIN駒沢」レポート
2016熱気球ホンダグランプリ第3戦「鈴鹿バルーンフェスティバル2016」レポート
東日本大震災復興支援イベント第18回「空を見上げて」IN大船渡
東京ベイフロントに熱気球が!東日本大震災復興支援イベント第17回「空を見上げて」IN東京
「佐久バルーンフェスティバル2016」レポート
第16回「空を見上げて」INいわき「いわきバルーンフェスティバル2016」―熱気球の側にはいつも子供たちの笑顔がある!― レポート
満開の桜との競演「渡良瀬バルーンレース2016」レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2015」レポート
「2015佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
東日本大震災復興支援イベント 第15回「空を見上げて」IN亘理 レポート
2015熱気球ホンダグランプリ第3戦 一関・平泉バルーンフェスティバル2015レポート
第13回「空を見上げて」IN東京 レポート〜気球に乗って被災地支援!〜
「佐久バルーンフェスティバル2015」レポート
2014熱気球ホンダグランプリ最終戦「2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 」レポート
「2014佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
一関・平泉バルーンフェスティバル2014レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2014」レポート
熱気球大会ボランティアスタッフ*オブザーバー*アナウンサー 募集中
第10回「空を見上げて」IN大船渡 レポート
第9回「空を見上げて」IN東京 レポート 〜気球に乗って被災地支援!〜
「佐久バルーンフェスティバル2014」レポート
「渡良瀬バルーンレース2014」レポート
「一関・平泉バルーンフェスティバル2014」の開催が決定しました
2013熱気球ホンダグランプリ最終戦「2013とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ」レポート
「2013佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
第8回「空を見上げて」IN亘理レポート
一関・平泉バルーンフェスティバル2013レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2013」レポート
第7回「空を見上げて」IN大船渡 レポート
第6回「空を見上げて」IN東京 レポート〜気球に乗って、被災地支援!〜
エジプトでの熱気球の事故と今後のAirBの活動に関して
一関・平泉バルーンフェスティバル レポート
「今日までがんばってきてよかった」の声を聞くことができて
「佐久バルーンフェスティバル2011」震災復興支援イベントのご報告
日本気球連盟渡良瀬連絡会 東日本大震災復興支援イベント「熱気球応援隊」
地震お見舞いとお知らせ
人気コミック「よつばと!」でグランプリ大会が!
動くパノラマ写真@所沢航空記念公園
動くパノラマ写真@鈴鹿BF
クリスマス夜間係留体験搭乗@所沢航空記念公園
両毛クリスマス・バルーン・フェスタ2009 レポート
ワールド・エア・ゲームズ2009 イタリア トリノで開催!
はじめまして!駒沢公園@バルーン!〜2008 バルーンフェスタin 駒沢〜
モンゴルバルーンフェスティバル2008 開催報告
World Balloon Trophy - Honda Cup 2008 HONDA Team 4位!
18th FAI World Hot Air Balloon Championship「第18回 熱気球世界選手権」開催!日本代表選手を応援しよう!特集
HONDA NEW BALLOON ☆ お披露目フライト
渡良瀬熱気球教室@藤岡町の小学校
Copyright (C) AirB 2014. All Rights Reserved.