AirB Web Site
Home
News
About AirB
Activity
How-To
Try
Grand Prix
Membership
Links
Mail Magazine
Shop
Contact Us
HONDA
スルガ銀行
JBS
News
第10回「空を見上げて」IN大船渡 レポート
東日本復興支援熱気球イベント 第10回「空を見上げて」IN大船渡が8月30日31日に岩手県大船渡市の盛河川敷南側緑地公園で開催されました。
震災があった2011年の夏、大船渡でスタートした「空を見上げて」は今回が記念すべき10回目。
気球に乗った子供たちの笑顔いっぱいの「ありがとう!」を原動力に茨城県日立市、宮城県亘理町、東京都 有明で「空を見上げて」を催し続けることができました。通算4回目の大船渡での「空を見上げて」ではどんな笑顔に会えるのか、スタッフは皆心を躍らせて大船渡入りしました。
おおふなトンも応援に来たよ バーナーオン! 夏空に映える気球
おおふなトンも応援に来たよ バーナーオン! 夏空に映える気球
空へ!行ってらっしゃい! 空を見上げて気球を描こう 佐久鯉太郎ミニも人気者
空へ!行ってらっしゃい! 空を見上げて気球を描こう 佐久鯉太郎ミニも人気者
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
到着後、オープニングイベントの「バルーンイリュージョン」の準備。河川敷に本部テントが立てられ、気球がレイアウトされるとそこはもう「空を見上げて」会場に早変わりです。しかし、テントを立てて間もなく雨が降りはじめました。雨の中暮れていく空を恨めしく見上げていましたが、19時には雨も止み、参加気球5機が暗闇の中次々と立ち上がります。昨年の何倍もの観客の皆さんは、バーナーでライトアップされる熱気球に歓声を上げます。音楽と夜の熱気球のコラボレーションは、ここ大船渡でも大人気でした。
翌朝は快晴!夏らしい青空のもと、日本各地から集まった熱気球は佐久バルーンクラブの「佐久の鯉太郎」と「たけしバルーン」京都フライトスタッフの「ANAシャインドリーム」初参加のアサヒガスバルーンクラブの「アサヒ8号」地球の気球「ワンダーグローブ号」 5機。
早朝から列を作った家族連れの皆さんを次々に気球にご案内。ふわりと浮かび上がると上空から歓声が聞こえます。港と緑なす山々。美しい大船渡の景色を眺めてきっと今まで以上に故郷が大好きになったことでしょう。
今年は約359名の皆さんに体験搭乗を楽しんで頂くことができました。そして、気球に乗ってワンダーグローブ号を上空から見ることで、宇宙から地球を見る疑似体験楽しめました。青空にいっぱいの気球を白い画用紙に描いていただく子供スケッチ大会も大好評。親子で空を見上げて絵を描く姿は、とても微笑ましく、カラフルな気球でいっぱいになった画用紙を大切に持ち帰っていました。今年も文字通り親子で「空を見上げて」のんびりとした朝を過ごしていただきました。
気球に乗った子供たちの笑顔と「来年も来てくださいね」という言葉に励まされ、大船渡での実施は4回目。「空を見上げて」開催通算10回を数えます。あらためて、続けることの大切さ実感した2日間でした。
早朝から長い列が・・・ 復興していく大船渡 ANAシャインドリーム クルー
早朝から長い列が・・・ 復興していく大船渡 ANAシャインドリーム クルー
ワンダーグローブ号クルー アサヒガスバルーンクラブの皆さん 佐久熱気球クラブの皆さん
ワンダーグローブ号クルー アサヒガスバルーンクラブの皆さん 佐久熱気球クラブの皆さん
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
今年も日本各地から50人以上のボランティアスッフが大船渡に集合。手際よく笑顔で気球の運行をしてくれました。アサヒガスバルーンクラブの皆さんはじめ、初参加した皆さんも、この活動に参加することができて良かった。また参加します。と言ってくれました。お疲れさまでした。
また、「絆プロジェクト三陸」の皆さん、そして地元大船渡市役所の皆さん、ご協力ありがとうございました。このイベントが継続できるのは、地元の方々のご協力あってのことです。
本部スタッフ1 本部スタッフ2 参加スタッフ全員集合
本部スタッフ1 本部スタッフ2 参加スタッフ全員集合
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
復興にはまだまだ時間がかかります。いつか子供たちの本当に笑顔が戻る時まで、今後もこの活動を続けて行きたいとおもいます。皆様のご支援・ご協力を宜しくお願いします。
※第10回「空を見上げて」IN大船渡に協力してくれた方々
佐久熱気球クラブ、アサヒガスバルーンクラブ、京都フライトスタッフ、バルーンクラブU2、那珂川バルーンクラブ、みちのくバルーンクラブ、ワンダーグローブプロジェクト、小山バルーンクラブ 、ガッツバルーンチーム、クレオ21、NPO法人絆プロジェクト三陸、AirBスタッフ、そして、大船渡のボランティアスタッフの皆さん
※「空を見上げて」IN大船渡の当日の様子は以下のブログまたはFacebookページでご覧になれます。
AirBブログ QRコード
Facebook QRコード
尚、次回は第11回「空を見上げて」IN亘理(宮城県亘理町) 10月26日実施予定です。
2017一関・平泉 初級オブザーバー講習会開催のお知らせNEW!
東日本大震災復興支援熱気球イベント 第21回「空を見上げて」IN東京 2017年8月5日(土)〜6日(日) 熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある!!!
「2017熱気球ホンダグランプリ」開催日程
所沢航空記念公園 早起きして「ふわり」熱気球体験 2017年のスケジュール
空の強者たちが王者の座をかけて佐賀「2016熱気球ホンダグランプリ」最終戦 「2016佐賀熱気球世界選手権」レポート
2016熱気球ホンダグランプリ第4戦 一関・平泉バルーンフェスティバル2016レポート
第19回「空を見上げて」IN亘理 レポート 〜熱気球と笑顔で復興支援〜
「2016佐賀熱気球世界選手権」告知イベント「バルーンフェスタIN駒沢」レポート
2016熱気球ホンダグランプリ第3戦「鈴鹿バルーンフェスティバル2016」レポート
東日本大震災復興支援イベント第18回「空を見上げて」IN大船渡
東京ベイフロントに熱気球が!東日本大震災復興支援イベント第17回「空を見上げて」IN東京
「佐久バルーンフェスティバル2016」レポート
第16回「空を見上げて」INいわき「いわきバルーンフェスティバル2016」―熱気球の側にはいつも子供たちの笑顔がある!― レポート
満開の桜との競演「渡良瀬バルーンレース2016」レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2015」レポート
「2015佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
東日本大震災復興支援イベント 第15回「空を見上げて」IN亘理 レポート
2015熱気球ホンダグランプリ第3戦 一関・平泉バルーンフェスティバル2015レポート
第13回「空を見上げて」IN東京 レポート〜気球に乗って被災地支援!〜
「佐久バルーンフェスティバル2015」レポート
2014熱気球ホンダグランプリ最終戦「2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 」レポート
「2014佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
一関・平泉バルーンフェスティバル2014レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2014」レポート
熱気球大会ボランティアスタッフ*オブザーバー*アナウンサー 募集中
第10回「空を見上げて」IN大船渡 レポート
第9回「空を見上げて」IN東京 レポート 〜気球に乗って被災地支援!〜
「佐久バルーンフェスティバル2014」レポート
「渡良瀬バルーンレース2014」レポート
「一関・平泉バルーンフェスティバル2014」の開催が決定しました
2013熱気球ホンダグランプリ最終戦「2013とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ」レポート
「2013佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
第8回「空を見上げて」IN亘理レポート
一関・平泉バルーンフェスティバル2013レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2013」レポート
第7回「空を見上げて」IN大船渡 レポート
第6回「空を見上げて」IN東京 レポート〜気球に乗って、被災地支援!〜
エジプトでの熱気球の事故と今後のAirBの活動に関して
一関・平泉バルーンフェスティバル レポート
「今日までがんばってきてよかった」の声を聞くことができて
「佐久バルーンフェスティバル2011」震災復興支援イベントのご報告
日本気球連盟渡良瀬連絡会 東日本大震災復興支援イベント「熱気球応援隊」
地震お見舞いとお知らせ
人気コミック「よつばと!」でグランプリ大会が!
動くパノラマ写真@所沢航空記念公園
動くパノラマ写真@鈴鹿BF
クリスマス夜間係留体験搭乗@所沢航空記念公園
両毛クリスマス・バルーン・フェスタ2009 レポート
ワールド・エア・ゲームズ2009 イタリア トリノで開催!
はじめまして!駒沢公園@バルーン!〜2008 バルーンフェスタin 駒沢〜
モンゴルバルーンフェスティバル2008 開催報告
World Balloon Trophy - Honda Cup 2008 HONDA Team 4位!
18th FAI World Hot Air Balloon Championship「第18回 熱気球世界選手権」開催!日本代表選手を応援しよう!特集
HONDA NEW BALLOON ☆ お披露目フライト
渡良瀬熱気球教室@藤岡町の小学校
Copyright (C) AirB 2014. All Rights Reserved.