AirB Web Site
Home
News
About AirB
Activity
How-To
Try
Grand Prix
Membership
Links
Mail Magazine
Shop
Contact Us
HONDA
スルガ銀行
JBS
News
2014熱気球ホンダグランプリ最終戦
「2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 」レポート
11月20日〜24日までの5日間、茂木町ツインリンクもてぎ、芳賀町、宇都宮市道場宿緑地を会場に、栃木・茨城に渡る広範囲のフライトエリアで、「2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ」が開催されました。
競技気球は29機、2014熱気球ホンダグランプリの最終戦に相応しく、日本初の世界チャンピオン藤田雄大選手をはじめ日本のトップアスリートと海外の強豪選手が参加して、8フライト26タスクで競い合いました。
20日 朝は、ツインリンクもてぎのからの一斉離陸。参加選手に人気の高い那珂川下りのフライト。ツインリンクもてぎから離陸した競技気球は、雲海と美しい紅葉の八溝山系を見降ろしながら、那珂川上空を気球で下る素晴らしいフライトとなりました。ロンチサイトで気球を見送り、#2のターゲットが設置されている道の駅で待つクルーや気球ファンの前で次々にマーカーを投下する選手たちに惜しみない拍手が送られました。
午後は芳賀町下延生 城興寺の北北東をゴールにしたFINとWDN。FINのゴールに複数の競技気球が見えてくると、副島 副競技委員長がAirB2で離陸。そのあとを競技気球が追うという見ごたえのあるタスクに芳賀町のギャラリーは大いに湧きあがりました。
※競技の解説はこちらをご覧ください▼
2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ
photo by Yudai

2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
21日 朝は、笠間市箱田の田んぼをゴールにしたFINからスタート!その後、茂木町いいさと逆井川館の南西の田圃にあるターゲット目指しました。風向きの関係で主会場であるツインリンクもてぎのロンチサイトを使用することのない競技でしたが、AirBブログやFacebookページの最新情報をもとに多くに気球ファンが競技を観戦しました。近隣住民の皆さんが空を見上げている様子をあちこちで見かけました。
午後は、離陸地として定着した芳賀町のひばりヶ丘公園からの一斉離陸。競技気球はパイロット自身がきめたゴールに向かうPDGの後、HWZへ。
2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ
2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
22日 朝はツインリンクもてぎ南のロンチサイトをゴールにしたFINからスタート。高高度から次々にマーカーが投下される中、パイロットの顔が見えるほど高度をおとしてアプローチをかけた水上選手は見事なオンターゲット!会場から惜しみない拍手がおくられます。その後、リチャードサービン選手(米)ジェフギレス選手(米)と続き、この日も参加選手のレベルの高さに驚かされました。その後は、道の駅かつらのゴール(JDG)を経てFONを2つとPDGというロングフライト。体力と気力が要求される、難易度が高いタスク設定です。一方、ツインリンクもてぎでは体験搭乗が実施され、参加気球を見送った観客の皆さんが最高の景色とふわり独特な浮遊感を楽しみました。
午後は、芳賀町 祖母井の上の原緑地公園のサッカー場からの一斉離陸のPDG。 爽やかな青空に次々に飛び上がる競技気球に、近隣の皆さんや車で追いかける気球ファンの皆さんがしきりに手を振り応援してくれました。
夜は、芳賀町のひばりが丘公園で初めてのバルーンイリュージョン!間近に見る光り輝く夜の気球に大人も子供もおお喜び!5カウントダウンの声が大きく響きわたり感激の一夜となりました。
2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ
2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
23日からは主会場を宇都宮市の道場宿に移しての開催です。朝は、会場からの一斉離陸#20PDG #21JDG #22 FON #23JDGで、そのフライトテクニックを競います。朝焼けに向かい次々に飛び立っていく気球は、比較的低い高度で会場は離れて行き、観客と会話をしながら手を振るパイロットもいたほどです。真剣勝負の中ギャラリーと会話を交わせるのは、熱気球競技ならではですね。
競技気球を見送った後、会場では熱気球体験搭乗が始まります。この日は、熱気球ホンダグランプリ開幕戦が開催される栃木市のオリジナルバルーン「ハーランド号」をはじめ、栃木県経済同友会のバルーンやスルガ銀行ドリームダイレクト号、ALSOK号に乗り、皆さん笑顔でした。熱気球教室やステージイベント、テントブースでの販売などで、小春日和の一日を家族とゆっくり時間を過ごしました、との声をいただきました。一方、競技が気になる気球ファンは、ブログなどを頼りに空を見上げて気球を追いかけます。いずれもハイレベルな戦いで、ターゲット近くでは歓声と拍手が巻き起こりました。
午後は、強風のために中止でした。
夜は、ツインリンクもてぎのスーパースピードウェイに参加気球が並ぶバルーンイリュージョン!あいにく開催時間になっても風が弱まらず、バーナーバージョンでの実施。バンクに設置されたゴンドラをチームクルーが囲み観客に手を振る、フレンドリーな夜間係留となりました。
2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ
2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
24日朝。最終日の最終競技はFINからスタートし、会場をゴールに設定したJDG、そして同じく会場内に2つのマーカーを投下し、その距離の短さを競うMNDDです。会場に飛んでくる気球は、そのほとんどがロンチサイトに設定されたターゲット近くにマーカーを投下。高度を下げてターゲット真上をゆっくり通過しながらマーカーを置いていくパイロット達の華麗なフライトテクニックに会場から惜しみない拍手とどよめきのような歓声が沸き起こります。ターゲット上はマーカーの山!5日間気を抜かず、多くのタスクをこなしてきた参加パイロットはカテゴリー1に相応しいハイレベルな戦いで、見ている私たちに感激を与えてくれました。多くのギャラリーが歓声を上げるロンチサイトのゴールでは、野上選手が0cmのオンターゲット!参加29機中、26機が10m×10mのターゲット内にマーカーインする驚くべき成績を残しました。
2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ
2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
5日間の観客動員数は、11万3000人。近隣で空を見上げた人は数知れず、栃木、茨城の空は美しい戦いのステージとなりました。また、パイロットをはじめとする参加チームとオブザーバー競技委員、運営スタッフ総勢約300名が晩秋のとちぎでの熱気球大会を楽しみ多くの観客の皆さんに感動を与えました。
初日からトップを走り続けていた日本の藤田雄大選手を、アメリカのジョー・ハートシル選手が僅差で破り優勝しました。また、「2014熱気球ホンダグランプリ」はやずやバルーンチームが史上初の6連覇を果たしました。
2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
本年も「熱気球ホンダグランプリ」に参加してくださった各チームのパイロット並びにクルーの皆さん、一年間素晴らしい戦いを見せていただきありがとうございました。そして、各開催地の地元をはじめとする数多くのボランティアスタッフの皆様、お疲れさまでした。また、ホンダグランプリを応援してくださった熱気球ファンの皆さん、各大会で熱い応援をありがとうございました。
最後になりましたが本田技研工業株式会社、スルガ銀行はじめ「熱気球ホンダグランプリ」各大会に協賛してくださった各社、そして各自治体の皆様に心より感謝いたします。
来年も、よりヒートアップした熱気球競技会とたのしいイベント盛りだくさんの「熱気球ホンダグランプリ」にしたいと思っております。今後とも応援をどうぞよろしくお願いいたします。
2014とちぎ熱気球
 インターナショナルチャンピオンシップ
 競技結果
2014熱気球ホンダグランプリ
 年間成績
1位 ジョー・ハートシル USA 20755P
2位 藤田雄大 日本 20698P
3位 レット・ハートシル USA 19999P
4位 佐藤将史 日本 17757P
5位 マシュー・スケイフ AUS 17720P
6位 須江哲洋 日本 16526P
1位 やずやBalloon Team 380P
2位 B.Tゼフィール 255P
3位 The Aero-Libertines 254P
4位 空友 250P
5位 TOTO バルーンレーシングチーム 250P
6位 SALTY DOGS 242P
※詳しいリザルトはこちらをご覧ください▼
2014熱気球ホンダグランプリ 各大会のリザルト
渡良瀬 佐久 鈴鹿 佐賀 とちぎ
2017一関・平泉 初級オブザーバー講習会開催のお知らせNEW!
東日本大震災復興支援熱気球イベント 第21回「空を見上げて」IN東京 2017年8月5日(土)〜6日(日) 熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある!!!
「2017熱気球ホンダグランプリ」開催日程
所沢航空記念公園 早起きして「ふわり」熱気球体験 2017年のスケジュール
空の強者たちが王者の座をかけて佐賀「2016熱気球ホンダグランプリ」最終戦 「2016佐賀熱気球世界選手権」レポート
2016熱気球ホンダグランプリ第4戦 一関・平泉バルーンフェスティバル2016レポート
第19回「空を見上げて」IN亘理 レポート 〜熱気球と笑顔で復興支援〜
「2016佐賀熱気球世界選手権」告知イベント「バルーンフェスタIN駒沢」レポート
2016熱気球ホンダグランプリ第3戦「鈴鹿バルーンフェスティバル2016」レポート
東日本大震災復興支援イベント第18回「空を見上げて」IN大船渡
東京ベイフロントに熱気球が!東日本大震災復興支援イベント第17回「空を見上げて」IN東京
「佐久バルーンフェスティバル2016」レポート
第16回「空を見上げて」INいわき「いわきバルーンフェスティバル2016」―熱気球の側にはいつも子供たちの笑顔がある!― レポート
満開の桜との競演「渡良瀬バルーンレース2016」レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2015」レポート
「2015佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
東日本大震災復興支援イベント 第15回「空を見上げて」IN亘理 レポート
2015熱気球ホンダグランプリ第3戦 一関・平泉バルーンフェスティバル2015レポート
第13回「空を見上げて」IN東京 レポート〜気球に乗って被災地支援!〜
「佐久バルーンフェスティバル2015」レポート
2014熱気球ホンダグランプリ最終戦「2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 」レポート
「2014佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
一関・平泉バルーンフェスティバル2014レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2014」レポート
熱気球大会ボランティアスタッフ*オブザーバー*アナウンサー 募集中
第10回「空を見上げて」IN大船渡 レポート
第9回「空を見上げて」IN東京 レポート 〜気球に乗って被災地支援!〜
「佐久バルーンフェスティバル2014」レポート
「渡良瀬バルーンレース2014」レポート
「一関・平泉バルーンフェスティバル2014」の開催が決定しました
2013熱気球ホンダグランプリ最終戦「2013とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ」レポート
「2013佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
第8回「空を見上げて」IN亘理レポート
一関・平泉バルーンフェスティバル2013レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2013」レポート
第7回「空を見上げて」IN大船渡 レポート
第6回「空を見上げて」IN東京 レポート〜気球に乗って、被災地支援!〜
エジプトでの熱気球の事故と今後のAirBの活動に関して
一関・平泉バルーンフェスティバル レポート
「今日までがんばってきてよかった」の声を聞くことができて
「佐久バルーンフェスティバル2011」震災復興支援イベントのご報告
日本気球連盟渡良瀬連絡会 東日本大震災復興支援イベント「熱気球応援隊」
地震お見舞いとお知らせ
人気コミック「よつばと!」でグランプリ大会が!
動くパノラマ写真@所沢航空記念公園
動くパノラマ写真@鈴鹿BF
クリスマス夜間係留体験搭乗@所沢航空記念公園
両毛クリスマス・バルーン・フェスタ2009 レポート
ワールド・エア・ゲームズ2009 イタリア トリノで開催!
はじめまして!駒沢公園@バルーン!〜2008 バルーンフェスタin 駒沢〜
モンゴルバルーンフェスティバル2008 開催報告
World Balloon Trophy - Honda Cup 2008 HONDA Team 4位!
18th FAI World Hot Air Balloon Championship「第18回 熱気球世界選手権」開催!日本代表選手を応援しよう!特集
HONDA NEW BALLOON ☆ お披露目フライト
渡良瀬熱気球教室@藤岡町の小学校
Copyright (C) AirB 2014. All Rights Reserved.