AirB Web Site
Home
News
About AirB
Activity
How-To
Try
Grand Prix
Membership
Links
Mail Magazine
Shop
Contact Us
HONDA
スルガ銀行
JBS
News
2015熱気球ホンダグランプリ第3戦
一関・平泉バルーンフェスティバル2015レポート
10月10日(土)から12日(月)の3日間、岩手県一関市の一関水辺プラザで2015熱気球ホンダグランプリ第3戦「一関・平泉バルーンフェスティバル2015」が開催されました。
今年から東北ではじめてホンダグランプリの1戦として開催され、競技参加気球は24機。この大会の魅力は何といってもそのフライトエリアで、広大さのみならず高度も8000フィートまで上がることができるので、参加パイロット達はより真剣勝負、そして楽しみな競技会となりました。
10日朝 前日までの強風も止み、素晴らしい秋空に恵まれました。しかし、風向が悪くメイン会場からの離陸もまた、ゴールとして設定する事もできませんでした。会場に近い遊水地内に設定されたターゲット目指して次々に大きく見えてくる競技気球。ターゲットまで見に行く気球ファンも大勢いました。#1のPDGは現世界チャンピオンの藤田選手が、#2FINはオーストラリアのトップパイロット マシュー・スケイフ選手が1000ポイントを獲得。その実力を見せつけました。さすがグランプリ戦、オンターゲットを見せる選手が多く、ゴールで観戦していた観客から盛大な拍手が送られました。
※競技の解説はこちらをご覧ください▼
一斉離陸!空へ! 初日朝、会場では3機のオフシャルバルーンが! 離陸後プリズム号から見た会場 Photo by Yatoji
一斉離陸!空へ! 初日朝、会場では3機のオフシャルバルーンが! 離陸後プリズム号から見た会場 Photo by Yatoji
会場から手を振り離陸するNew ASIMO 10日午後の離陸 Photo by Taro 美しい一関秋の風景 Photo by Yatoji
会場から手を振り離陸するNew ASIMO 10日午後の離陸 Photo by Taro 美しい一関秋の風景 Photo by Yatoji
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
10日午後の競技は#3PDG 会場からの一斉離陸でした。日本全国、そしてオーストラリア、イギリスからエントリーした競技気球が次々に空に舞い上がる華やかな光景、そして上空から手振り笑顔で競技に臨む、フレンドリーなパイロット達!会場は熱気球大会ならではの温かい雰囲気に包まれました。
 初日の夜はウェルカムパーティー。「祝い餅つき振舞隊」の楽しくて美味しいパフォーマンスに参加選手もスタッフも大喜び!東北ではじめての「熱気球ホンダグランプリ」に地元の方々も参加者も大満足で、翌日からの競技会がますます楽しみになった夜でした。
11日朝 #4JDG #5PDG #6IDG #7FONの複合タスクが組まれましたが、8:00には雨が降り始める予報のため、6:15にはグリーンフラッグが上がり競技開始!
雲底が低い空ではありましたが、雨が降り出す前の短時間での勝負となる会場からの一斉離陸に競技らしい緊張感がありました。離陸後、#7のFONはキャンセル、美しい東北の田園風景の中、低空で飛行する気球に会場外の皆さんも目を奪われていました。(AirB facebookページにASIMOから撮影した動画があります)
午後は、天気予報どおりの雨で競技はキャンセル。2日目を終え、佐賀の上田選手がトップに立ちました。
誰もが楽しみにしていたスペシャルイベント「バルーンイリュージョン」は奇跡的に開始時間直前に雨が止み、一関の町中の磐井川緑地で実施!河川敷に一列に並び内側からライトアップされた熱気球と音楽のコラボレーションに、磐井川の両岸いっぱいの観客から惜しみない拍手が送られました。
離陸後上空から Photo by Kumosuke ターゲット上空のしろくま Photo by Ytoji バーナーON! Photo by Yatoji
離陸後上空から Photo by Kumosuke ターゲット上空のしろくま Photo by Ytoji バーナーON! Photo by Yatoji
河川敷に一列に並んだ夜間係留 誰もを魅了したバルーンイリュージョン マップスによるパラグライダー体験
河川敷に一列に並んだ夜間係留 誰もを魅了したバルーンイリュージョン マップスによるパラグライダー体験
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
12日朝 最終競技は#7FIN と会場ロンチサイトにターゲットが設定された#8JDG。
観客の皆さんは高い土手の上で、会場に向かってくる競技気球を待ちました。徐々に機影が大きくなり、ドキドキしながら見守りましたが、早めに近づいて来た気球は会場近くで変わる風に悩まされ、なかなかターゲット上空を通過する気球はなく、「熱気球ホンダグランプリ」となってはじめての大会、観客の目前でオンターゲットを見せることはないのかと心配になった時、ほんのすこしの時間、一関東大橋を超え東側から裏選手水上選手がターゲット上空を通過してマーカーを投下!会場を沸かせました。(Facebookページに動画があり)その後、北西から素直に攻めて来た、佐藤将史選手、高島選手、須江選手、そしてホンダしろくまの河口選手などが次々にターゲット上にマーカーを投下。トップの佐藤選手は2.31mという好成績を残し、難しい風の中、さすがグランプリ戦と頷ける競技を見せてくれました。マーカー投下後は、数多くの競技気球が磐井川対岸に着陸し、しばらくの間素晴らしいシャッターチャンスを作ってくれました。
秋の大会らしい風景 Photo by Taro ラストフライトに虹! Photo by Ytoji 最終日に観客を沸かせた「太助」
秋の大会らしい風景 Photo by Taro ラストフライトに虹! Photo by Ytoji 最終日に観客を沸かせた「太助」
最終日対岸に着陸 Photo by Kumi 上位入賞者 万歳三唱にて修了した大会
最終日対岸に着陸 Photo by Kumi 上位入賞者 万歳三唱にて修了した大会
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
参加選手は、秋が深まりつつある東北の景色を堪能し、新たなグランプリのフライトエリアで国際ルールに従った真剣な競技を楽しみました。
競技が中止になった参加選手たちは、同時開催の一関市の一大イベント「餅サミット」で舌鼓を打ったり、チームメイトと共に世界遺産平泉をはじめ観光地をめぐり、グルメや温泉を堪能した様子。バルーニストの皆さんは、余暇を過ごすのがとても上手です。
体験搭乗は、天候に恵まれず、初日のみ実施。風や雨、そして、あくまでも競技優先の大会であることを一関の皆さんにご理解いただければと思います。実行委員会では少しでも気球に親しんで頂こうと、地元の「黄金の国 平泉・一関号」や「ASIMO」などを会場で係留しました。また、地元のマップスパラグライダースクールの皆さんの協力で、パラグライダーの体験をお楽しみ頂きました。
今回、イベント会場では様々なイベントが行われましたが、地元の保育園児の可愛い演技、そして、飲食のブースはじめステージイベント、オフィシャルバルーンスタッフと活躍してくれた大東高校の皆さんの目をみはる働きぶりには感心しました。地元ボランティアの皆さんの関心も高く、今後この大会が大きく育って行く礎ができた今年の「一関・平泉バルーンフェスティバル」でした。
「一関・平泉バルーンフェスティバル2015」の成績
1位 上田 諭 7022P
2位 須江 哲洋 6492P
3位 藤田 雄大 6414P
4位 河口 正義 6384P
5位 赤間 晋 6104P
6位 マシュー・スケイフ 5909P
「2017熱気球ホンダグランプリ」第3戦-東日本大震災復興支援イベント-一関・平泉バルーンフェスティバル2017開催NEW!
東日本大震災復興支援イベント第22回「空を見上げて」IN大船渡開催〜熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある
東日本大震災復興支援熱気球イベント 第21回「空を見上げて」IN東京 2017年8月5日(土)〜6日(日) 熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある!!!
「2017熱気球ホンダグランプリ」開催日程
所沢航空記念公園 早起きして「ふわり」熱気球体験 2017年のスケジュール
空の強者たちが王者の座をかけて佐賀「2016熱気球ホンダグランプリ」最終戦 「2016佐賀熱気球世界選手権」レポート
2016熱気球ホンダグランプリ第4戦 一関・平泉バルーンフェスティバル2016レポート
第19回「空を見上げて」IN亘理 レポート 〜熱気球と笑顔で復興支援〜
「2016佐賀熱気球世界選手権」告知イベント「バルーンフェスタIN駒沢」レポート
2016熱気球ホンダグランプリ第3戦「鈴鹿バルーンフェスティバル2016」レポート
東日本大震災復興支援イベント第18回「空を見上げて」IN大船渡
東京ベイフロントに熱気球が!東日本大震災復興支援イベント第17回「空を見上げて」IN東京
「佐久バルーンフェスティバル2016」レポート
第16回「空を見上げて」INいわき「いわきバルーンフェスティバル2016」―熱気球の側にはいつも子供たちの笑顔がある!― レポート
満開の桜との競演「渡良瀬バルーンレース2016」レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2015」レポート
「2015佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
東日本大震災復興支援イベント 第15回「空を見上げて」IN亘理 レポート
2015熱気球ホンダグランプリ第3戦 一関・平泉バルーンフェスティバル2015レポート
第13回「空を見上げて」IN東京 レポート〜気球に乗って被災地支援!〜
「佐久バルーンフェスティバル2015」レポート
2014熱気球ホンダグランプリ最終戦「2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 」レポート
「2014佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
一関・平泉バルーンフェスティバル2014レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2014」レポート
熱気球大会ボランティアスタッフ*オブザーバー*アナウンサー 募集中
第10回「空を見上げて」IN大船渡 レポート
第9回「空を見上げて」IN東京 レポート 〜気球に乗って被災地支援!〜
「佐久バルーンフェスティバル2014」レポート
「渡良瀬バルーンレース2014」レポート
「一関・平泉バルーンフェスティバル2014」の開催が決定しました
2013熱気球ホンダグランプリ最終戦「2013とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ」レポート
「2013佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
第8回「空を見上げて」IN亘理レポート
一関・平泉バルーンフェスティバル2013レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2013」レポート
第7回「空を見上げて」IN大船渡 レポート
第6回「空を見上げて」IN東京 レポート〜気球に乗って、被災地支援!〜
エジプトでの熱気球の事故と今後のAirBの活動に関して
一関・平泉バルーンフェスティバル レポート
「今日までがんばってきてよかった」の声を聞くことができて
「佐久バルーンフェスティバル2011」震災復興支援イベントのご報告
日本気球連盟渡良瀬連絡会 東日本大震災復興支援イベント「熱気球応援隊」
地震お見舞いとお知らせ
人気コミック「よつばと!」でグランプリ大会が!
動くパノラマ写真@所沢航空記念公園
動くパノラマ写真@鈴鹿BF
クリスマス夜間係留体験搭乗@所沢航空記念公園
両毛クリスマス・バルーン・フェスタ2009 レポート
ワールド・エア・ゲームズ2009 イタリア トリノで開催!
はじめまして!駒沢公園@バルーン!〜2008 バルーンフェスタin 駒沢〜
モンゴルバルーンフェスティバル2008 開催報告
World Balloon Trophy - Honda Cup 2008 HONDA Team 4位!
18th FAI World Hot Air Balloon Championship「第18回 熱気球世界選手権」開催!日本代表選手を応援しよう!特集
HONDA NEW BALLOON ☆ お披露目フライト
渡良瀬熱気球教室@藤岡町の小学校
Copyright (C) AirB 2015. All Rights Reserved.