AirB Web Site
Home
News
About AirB
Activity
How-To
Try
Grand Prix
Membership
Links
Mail Magazine
Shop
Contact Us
HONDA
スルガ銀行
JBS
News
東日本大震災復興支援イベント
第18回「空を見上げて」IN大船渡
東日本大震災から5年半の月日が経ちました。震災のあった夏に被災地で何かできないかと思い「被災者の皆さん、特に子供たちに元気と笑顔を!」を願って熱気球体験イベント「空を見上げて」を開催しました。その第1回は熱気球ホンダグランプリ第2戦が開催される長野県佐久市の友好都市岩手県大船渡市でした。
津波で甚大な被害を受けた大船渡市は、年々復興を遂げて東北の方々の力強さを見せてくださいます。
9月3日、大船渡に到着してまず目についたのは「空を見上げて」IN大船渡の会場近くの湾内に、漁船とは違う大きなオレンジの船が停泊していたことです。26年ぶりに大船渡に寄港した南極観測船(砕氷艦)「しらせ」でした。一般公開有りということで、好奇心旺盛のバルーンボランティアの皆さんはすぐに行ってみましたが、台風10号の災害対応により中止になりました。またしても、大きな天災に見舞われた東北の皆さんに心より御見舞申し上げます。
さて、会場に到着して夜間係留の準備を始めると隣の会場では赤崎復興市の準備が進んでいます。地元の祭り(復興イベント)の同時開催に思わず嬉しくなりました。
日が暮れて風も穏やかになり、オープニングイベント「バルーンイリュージョン」の始まりです。赤崎グラウンドには子供たちの5カウントダウンが響き、気球は美しく光輝きました。そして隣の復興市からは秋刀魚を焼く匂いが・・・
ワクワクする熱気球の立ち上げ 穏やかな港を望む会場 ANAシャインドリームからの景色
ワクワクする熱気球の立ち上げ 穏やかな港を望む会場 ANAシャインドリームからの景色
グランド横の高台には新校舎建築中 気球の立ち上げをする親子ボランティアの皆さん 親子ボランティア活躍中
グランド横の高台には新校舎建築中 気球の立ち上げをする親子ボランティアの皆さん 親子ボランティア活躍中
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
明けて4日朝、大船渡の朝は風も穏やかで、爽やかな青空がひろがっています。会場となった赤崎グラウンドは小学校だったそうです。しかし、津波の被害を受け校舎は解体。現在、すぐ横の高台に新校舎を建築中でした。そんな会場から眺めると対岸には新しく建築された大船渡魚市場が見えます。年々復興していく故郷を眺めるいい機会になったと思います。
ASIMO、ANAシャインドリーム、友好都市佐久市の佐久の鯉太郎、そして震災に負けなかった名取市の気球 いろはの4機での体験搭乗。早朝から長い列を作って体験搭乗を心待ちにしていた方々は皆笑顔で空を見上げています。地元の親子ボランティアの皆さんも熱気球を立ち上げながらの熱気球教室に始まり、誘導やアンケート等の仕事に笑顔で臨んでくださいました。「空を見上げて」の親子ボランティアもすっかり定着し、気球に乗せてもらうだけではなく、復興支援イベントを一緒に盛り上げようという気持ちにあふれているようです。ご協力ありがとうございました。
子供スケッチも人気です 夜空に映えるバルーンイリュージョン 熱気球に乗って上空から復興していく大船渡を見る市長
子供スケッチも人気です 夜空に映えるバルーンイリュージョン 熱気球に乗って上空から復興していく大船渡を見る市長
南極観測船「しらせ」 隣の会場では地元赤崎復興市を開催 お疲れ様でした!
南極観測船「しらせ」 隣の会場では地元赤崎復興市を開催 お疲れ様でした!
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
訪れるたびに復興が進む大船渡市。そんな活気あふれる故郷と大船渡港に停泊中の南極観測船 しらせを上空から見る特別な体験搭乗となり、 今年も子供たちの笑顔がいっぱいの賑やかな会場でした。当日、約280人の方が熱気球に乗って笑顔をみせてくれました。
復興にはまだまだ時間がかかります。子供たちの笑顔のために今後もこの活動を続けて行きたいと思います。皆様のご支援・ご協力を宜しくお願いします。
※第18回「空を見上げて」IN大船渡に協力してくれた方々
佐久熱気球クラブ、京都フライトスタッフ、なとりバルーンクラブ、バルーンクラブU2、那珂川バルーンクラブ、みちのくバルーンクラブ、ハッスルバルーンチーム、ガッツバルーンチーム、チーム姫リンゴ、熱気球町田組栃木支部、大船渡市親子ボランティアの皆さん、大学生のボランティアの皆さんでした。
※「空を見上げて」IN大船渡の当日の様子は以下のブログまたはFacebookページ(動画があります)でご覧になれます。
AirBブログはこちら QRコード
face bookページはこちら QRコード
尚、次回は第19回「空を見上げて」IN亘理(宮城県)10月1日2日開催予定です。
「2017熱気球ホンダグランプリ」第3戦-東日本大震災復興支援イベント-一関・平泉バルーンフェスティバル2017開催NEW!
東日本大震災復興支援イベント第22回「空を見上げて」IN大船渡開催〜熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある
東日本大震災復興支援熱気球イベント 第21回「空を見上げて」IN東京 2017年8月5日(土)〜6日(日) 熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある!!!
「2017熱気球ホンダグランプリ」開催日程
所沢航空記念公園 早起きして「ふわり」熱気球体験 2017年のスケジュール
空の強者たちが王者の座をかけて佐賀「2016熱気球ホンダグランプリ」最終戦 「2016佐賀熱気球世界選手権」レポート
2016熱気球ホンダグランプリ第4戦 一関・平泉バルーンフェスティバル2016レポート
第19回「空を見上げて」IN亘理 レポート 〜熱気球と笑顔で復興支援〜
「2016佐賀熱気球世界選手権」告知イベント「バルーンフェスタIN駒沢」レポート
2016熱気球ホンダグランプリ第3戦「鈴鹿バルーンフェスティバル2016」レポート
東日本大震災復興支援イベント第18回「空を見上げて」IN大船渡
東京ベイフロントに熱気球が!東日本大震災復興支援イベント第17回「空を見上げて」IN東京
「佐久バルーンフェスティバル2016」レポート
第16回「空を見上げて」INいわき「いわきバルーンフェスティバル2016」―熱気球の側にはいつも子供たちの笑顔がある!― レポート
満開の桜との競演「渡良瀬バルーンレース2016」レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2015」レポート
「2015佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
東日本大震災復興支援イベント 第15回「空を見上げて」IN亘理 レポート
2015熱気球ホンダグランプリ第3戦 一関・平泉バルーンフェスティバル2015レポート
第13回「空を見上げて」IN東京 レポート〜気球に乗って被災地支援!〜
「佐久バルーンフェスティバル2015」レポート
2014熱気球ホンダグランプリ最終戦「2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 」レポート
「2014佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
一関・平泉バルーンフェスティバル2014レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2014」レポート
熱気球大会ボランティアスタッフ*オブザーバー*アナウンサー 募集中
第10回「空を見上げて」IN大船渡 レポート
第9回「空を見上げて」IN東京 レポート 〜気球に乗って被災地支援!〜
「佐久バルーンフェスティバル2014」レポート
「渡良瀬バルーンレース2014」レポート
「一関・平泉バルーンフェスティバル2014」の開催が決定しました
2013熱気球ホンダグランプリ最終戦「2013とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ」レポート
「2013佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
第8回「空を見上げて」IN亘理レポート
一関・平泉バルーンフェスティバル2013レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2013」レポート
第7回「空を見上げて」IN大船渡 レポート
第6回「空を見上げて」IN東京 レポート〜気球に乗って、被災地支援!〜
エジプトでの熱気球の事故と今後のAirBの活動に関して
一関・平泉バルーンフェスティバル レポート
「今日までがんばってきてよかった」の声を聞くことができて
「佐久バルーンフェスティバル2011」震災復興支援イベントのご報告
日本気球連盟渡良瀬連絡会 東日本大震災復興支援イベント「熱気球応援隊」
地震お見舞いとお知らせ
人気コミック「よつばと!」でグランプリ大会が!
動くパノラマ写真@所沢航空記念公園
動くパノラマ写真@鈴鹿BF
クリスマス夜間係留体験搭乗@所沢航空記念公園
両毛クリスマス・バルーン・フェスタ2009 レポート
ワールド・エア・ゲームズ2009 イタリア トリノで開催!
はじめまして!駒沢公園@バルーン!〜2008 バルーンフェスタin 駒沢〜
モンゴルバルーンフェスティバル2008 開催報告
World Balloon Trophy - Honda Cup 2008 HONDA Team 4位!
18th FAI World Hot Air Balloon Championship「第18回 熱気球世界選手権」開催!日本代表選手を応援しよう!特集
HONDA NEW BALLOON ☆ お披露目フライト
渡良瀬熱気球教室@藤岡町の小学校
Copyright (C) AirB 2016. All Rights Reserved.