東日本大震災復興支援活動
2016年東日本大震災復興支援活動の報告
東日本大震災復興支援熱気球体験イベント第16回「空を見上げて」INいわき
いわきバルーンフェスティバル2016
―熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある!!!―
1. 大会名 東日本大震災復興支援熱気球体験イベント第16回「空を見上げて」INいわき
いわきバルーンフェスティバル2016
―熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある!!!―
2. 期 間 2016年4月23日(土)・24日(日)
3. 開催場所 福島県いわき市<主会場:21世紀の森公園:芝生広場・わんぱく広場>
4. 主 催 特定非営利活動法人熱気球運営機構
5. 後 援 福島県、いわき市、福島民報社、福島民友新聞社、福島テレビ、福島中央テレビ
福島放送、テレビユー福島、ラジオ福島、ふくしまFM、いわき市民コミュニティ放送
福島リビング新聞、いわき民報社、タウンマガジンいわき他(順不同)
6. 協 賛 「5」のつく日。JCBで復興支援
7. 協 力 本田技研工業株式会社・株式会社FSKパブリック
8. 協力団体 バルーングループ風まかせ、佐久熱気球クラブ、バルーンクラブU2、
那珂川バルーンクラブ、小山バルーンクラブ、ハッスルバルーンチーム、
AirBスタッフ、そしていわき市の親子ボランティアの皆さん
9. 参加気球 キュー丸(BG風まかせ)
ASIMO(本田技研工業)
AirB号(ジャパンバルーンクラブ)
10. 内 容 熱気球体験搭乗会
バルーンイリュージョン(夜間係留)
熱気球教室
11. 熱気球
体験搭乗
709人内訳:一般:659人、プレス、ゲスト関係者:50人
12. 参加人数 運営スタッフ69人
イメージ
イメージ
インデックスに戻る
東日本大震災復興支援熱気球イベント第17回「空を見上げて」IN東京
1. 大会名 東日本大震災復興支援熱気球イベント
第17回「空を見上げて」IN東京
2. 期 間 2016年8月6日(土)〜7日(日)
3. 開催場所 東京臨海広域防災公園
4. 主 催 特定非営利活動法人熱気球運営機構
5. 共 催 東京臨海広域防災公園管理センター
一般財団法人日本航空協会
6. 後 援 佐賀市
7. 協 賛 本田技研工業株式会社、スルガ銀行株式会社【順不同】
8. 参加団体 特定非営利活動法人笑顔プロジェクト、いっしープロジェクト
希望ののむヨーグルト応援隊、特定非営利活動法人グリーンベルトプロジェクト (4団体) 【順不同】
9. 協 力 佐久熱気球クラブ、バルーンクラブU2、百里バルーンクラブ、那珂川バルーンクラ ブ
ワンダーグローブプロジェクト、アイリス・バルーン・チーム、やんやんバルーン 研究所、バルーングループ風まかせ、チーム姫りんご
こども模型飛行機教室全国推進委員会、日本模型航空連盟
(公社)日本ハング・パラグライディング連盟、(NPO)日本マイクロライト連盟
(NPO)関宿滑空場、立川ヘリパートナーズ【順不同】
10. 参加気球 ワンダーグローブ号−地球の気球−(ワンダーグローブプロジェクト)
ASIMO(本田技研工業)
佐賀錦(佐賀市)
ドリームダイレクト号(スルガ銀行)
Birds Eye View 号(東武トップツアーズ株式会社)
11. 内 容 1.熱気球体験搭乗会・熱気球教室・バルーンイリュージョン(夜間係留)
2.航空スポーツ教室:
パラグライダー浮上体験・模型飛行機教室・小型飛行機展示
ヘリコプターシミュレーター体験
*模型飛行機教室は8/6のみ実施 3.復興支援団体出店ブース
12. 熱気球
体験搭乗
熱気球体験搭乗518人(内訳:一般461人、プレス・ゲスト57人)
パラグライダー浮上体験137人
模型飛行機教室155人
小型飛行機展示550人
ヘリコプターシミュレーター118人
13. 参加人数 ボランティアスタッフ熱気球91人(2日間延べ)
航空スポーツ教室83人(2日間延べ)
14. 熱気球体験搭乗売上 ¥602,000−
復興支援団体支援金 ¥400,000−(1団体¥100,000−を支給)
イメージ
イメージ
インデックスに戻る
東日本大震災復興支援熱気球イベント第18回「空を見上げて」IN大船渡
1. 大会名 東日本大震災復興支援熱気球イベント
第18回「空を見上げて」IN大船渡
2. 期 間 2016年9月3日(土)〜9月4日(日)
3. 開催場所 岩手県大船渡市赤崎町
メイン会場:赤崎グランド
4. 主 催 特定非営利活動法人絆プロジェクト三陸
5. 協 力 大船渡市、佐久市、本田技研工業株式会社、全日本空輸株式会社
ANAセールス株式会社、特定非営利活動法人熱気球運営機構【順不同】
6. 参加団体 佐久熱気球クラブ、京都フライトスタッフ、バルーンクラブU2、
那珂川バルーンクラブ、みちのくバルーンクラブ、ワンダーグローブプロジェクト
名取バルーンクラブ、ガッツバルーンクラブ、ハッスルバルーンクラブ【順不同】
7. 参加気球 佐久の鯉太郎(佐久熱気球クラブ)
いろは(名取バルーンクラブ)
ANA SHINE DREAM(全日本空輸株式会社)
ASIMO(本田技研工業株式会社)
8. 内 容 熱気球体験搭乗会
バルーンイリュージョン(夜間係留)
熱気球教室
9. 熱気球
体験搭乗
一般238人
10. 参加人数 運営スタッフ 37人
イメージ
イメージ
インデックスに戻る
東日本大震災復興支援熱気球イベント第19回「空を見上げて」IN亘理
1. 名 称 東日本大震災復興支援熱気球イベント 第19回「空を見上げて」IN亘理
2. 期 間 2016年10月1日(土)〜10月2日(日)
3. 開催場所 宮城県亘理町
メイン会場:長瀞小学校跡地グラウンド
4. 主 催 特定非営利活動法人わたりグリーンベルトプロジェクト
5. 協 力 宮城県、亘理町、本田技研工業株式会社、全日本空輸株式会社
ANAセールス株式会社、特定非営利活動法人熱気球運営機構【順不同】
6. 参加団体 佐久熱気球クラブ、京都フライトスタッフ、バルーンクラブU2
那珂川バルーンクラブ、ワンダーグローブプロジェクト
ガッツバルーンクラブ、ハッスルバルーンクラブ【順不同】
7. 参加気球 ANA SHINE DREAM(全日本空輸株式会社)
ASIMO(本田技研工業株式会社)
AirB号(ジャパンバルーンクラブ)
8. 内 容 熱気球体験搭乗会
バルーンイリュージョン(夜間係留)
熱気球教室
9. 熱気球
体験搭乗
一般333人
10. 参加人数 運営スタッフ50名
イメージ
イメージ
インデックスに戻る
Copyright (C) AirB 2016. All Rights Reserved.