AirB Web Site
Home
News
About AirB
Activity
How-To
Try
Grand Prix
Membership
Links
Mail Magazine
Shop
Contact Us
HONDA
スルガ銀行
JBS
News
空の強者たちが王者の座をかけて佐賀
「2016熱気球ホンダグランプリ」最終戦
「2016佐賀熱気球世界選手権」レポート
10月28日から11月6日まで、佐賀県佐賀市の嘉瀬川河川敷特設会場で「2016佐賀熱気球世界選手権」が開催されました。前半の10月28日〜30日は「2016熱気球ホンダグランプリ」の最終戦となっており、この大会で熱気球パイロットの世界チャンピオンと2016年ホンダグランプリの覇者が決まります。
初日はあいにくの雨模様で、競技はオールキャンセル。選手は先日オープンした世界に3館しかない気球の博物館「バルーンミュージアム」でフライトシュミレーターを体験。夜はオープニングパレード「サガライトファンタジー」で佐賀市は一気に盛り上がりをみせました。
明けて10/29。#1PDG #2FINで競技はスタート。フェスタバルーンや公式練習の世界選手権参加気球が次々に空に舞い上がりました。FINのゴールとなったメイン会場に最初に姿を見せた世界チャンピオン藤田選手やオン ターゲットを見せた水上選手、マシュー スケイフ選手等次々にアプローチをかける競技気球に会場は湧きました。競技終了後から風が強くなり、バルーンファンタジアと午後の競技はキャンセルになりました。
※競技の解説はこちらをご覧ください▼
アーチをくぐるとワクワクが待っています オフィシャルバルーンから見たロンチサイト 朝焼けの中離陸を待つ会場
アーチをくぐるとワクワクが待っています オフィシャルバルーンから見たロンチサイト 朝焼けの中離陸を待つ会場
真剣勝負前の片平選手 離陸直前の上田祥和選手 離陸前の作戦会議 藤田選手
真剣勝負前の片平選手 離陸直前の上田祥和選手 離陸前の作戦会議 藤田選手
一番飛びする赤間選手 ターゲットを目指し低空飛行 ターゲット近くは空の渋滞
一番飛びする赤間選手 ターゲットを目指し低空飛行 ターゲット近くは空の渋滞
ターゲット上にはマーカーの山! バルーンファンタジアニ参加のミニバルーン マシュー・スケイフ選手のオンターゲット
ターゲット上にはマーカーの山! バルーンファンタジアニ参加のミニバルーン マシュー・スケイフ選手のオンターゲット
パンダ舞う佐賀平野 ロンチサイト上空 嘉瀬川向岸から見た離陸
パンダ舞う佐賀平野 ロンチサイト上空 嘉瀬川向岸から見た離陸
嘉瀬川に美しい機影 観客すれすれに飛行する地元上田諭選手に惜しみない拍手が! 競技を見守るNew ASIMO
嘉瀬川に美しい機影 観客すれすれに飛行する地元上田諭選手に惜しみない拍手が! 競技を見守るNew ASIMO
競技内容を手話で伝えるスタッフ 空いっぱいの夢気球に感動 広くて気球に優しいロンチサイト
競技内容を手話で伝えるスタッフ 空いっぱいの夢気球に感動 広くて気球に優しいロンチサイト
佐賀市上空は気球でいっぱい 佐藤将史選手のオンターゲット 上田諭選手 オンターゲット
佐賀市上空は気球でいっぱい 佐藤将史選手のオンターゲット 上田諭選手 オンターゲット
水上選手のオンターゲット 連なるようにアプローチをかける競技気球 朝日に向かって
水上選手のオンターゲット 連なるようにアプローチをかける競技気球 朝日に向かって
会場では本物の気球に触れる熱気球教室 夢いっぱいのバルーンファンタジア パイオニア協力 ラ・モンゴルフィエノクチューン
会場では本物の気球に触れる熱気球教室 夢いっぱいのバルーンファンタジア パイオニア協力 ラ・モンゴルフィエノクチューン
会場の向岸からの夜間係留 夜間係留にノリノリの参加者 世界選手権競技委員長 レス・パーフィールド氏
会場の向岸からの夜間係留 夜間係留にノリノリの参加者 世界選手権競技委員長 レス・パーフィールド氏
佐賀世界選手権の勝者達 日本代表選手最高位の佐藤選手 2016熱気球ホンダグランプリの上位チーム
佐賀世界選手権の勝者達 日本代表選手最高位の佐藤選手 2016熱気球ホンダグランプリの上位チーム
午後 一斉離陸直後の競技気球から Photo by Kakipi 午後は一斉離陸! 夢いっぱいのバルーンファンタジア
熱気球ホンダグランプリ3位 熱気球ホンダグランプリ2位 熱気球ホンダグランプリ 優勝!
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
10/30 4月に渡良瀬バルーンレースで開幕した「2016熱気球ホンダグランプリ」もいよいよ最終フライトです。#3PDG #4JDG #5JDG #6JDG #7FON 5色のマーカーを持ち最後の勝負です。JDGのターゲット上空では熾烈な戦いが繰り広げられました。
最終戦佐賀の優勝はマシュー・スケイフ選手。2位水上孝雄選手3位佐藤将史選手でした。結果、やずやバルーンチームの藤田雄大選手の8連覇を阻み、今年グランプリの頂点に立ったのはTeam Scaife(豪) のマシュー・スケイフ選手でした。Team Scaifeは開幕戦の渡良瀬BRで2位、 第2戦の佐久BFには夫人のニコラ・スケイフ選手が出場し2位第3戦の鈴鹿BFでは3位、第4戦の一関・平泉BFでは優勝を果たしていました。
10/31 「佐賀熱気球世界選手権」の競技開始です。この日からは、日本代表の7機を含め105機の気球が佐賀平野上空をステージに卓越されたフライトテクニックを競い合います。#1〜3JDG #4FONでまずは各国の代表選手の腕をみせます。
初日、トップに立ったのはFONの1000Pをはじめ900点代を揃えた、地元佐賀県の上田諭選手。藤田雄大選手は3位でした。このまま、日本代表の活躍を期待したいところでしたが、その日の午後翌日全ての競技がキャンセルとなりました。
11/2 朝のタスクは#5PDG #6FIN #7JDG #8#9FON 競技再開に選手たちはハードなタスクに挑みます。#6FINのゴールとなった会場に次々に飛んでくる気球に観客は惜しみない拍手を送り「やった〜!」の声があがりました。
この日、インターネット生中継チャンネルに「爆弾を設置した」との書き込みを確認し、その対応のために来場者などに退避して頂く等の迷惑がかかりました。会場が一体となりパニックにもならず粛々と大会は続行しましたが、念のために開催中はネットでの公式情報発信などは新たな発信をしない運用中止となりました。好評を頂いていたAirBのfacebookページ・ブログも同じく発信を控えました。(大会終了後にfacebookページにはダイジェスト動画をアップしております)今後決してこのようなことが起こらないよう願います。
午後の競技は強風のための中止になりました。
11/3から最終日の6日までは、レス・パーフィルド競技委員長の真骨頂、世界選手権らしいハードな競技が朝夕実施されました。壮大なロマンと迫力ある競技の始まりを示すメインロンチサイトからの一斉離陸に誰もが空を見上げて手を振り声援を送ります。佐賀平野上空は世界選手権出場の105機に加え50機以上のフェスタ・オフィシャルバルーンが飛行。例年にも増して華やかに!ターゲット付近は近づく気球にワクワクし、迫力あるマーカー投下を誰もが息を飲み見守ります。オンターゲットには、自分の事のように喜び惜しみない拍手を送る。選手・スタッフ・観客が一体となり空の祭典を心いくまで堪能した世界選手権となりました。
会場イベントも130万人以上の観客が十分満足するものでした。動物やキャラクターなどを模ったシェイプトバルーンの係留、バルーンファンタジア、熱気球教室、5日には53機での賑やかな夜間係留ラ・モンゴルフィエノクチューン6日は強風のためバーナーバージョンでしたが、選手たちはバーナーの炎の下、まるでフェアウェルパーティーのように、観客への感謝を込めた溢れんばかりの笑顔で手を振って別れを惜しんでいるようでした。会場は一体になりました。大会期間中、会場外でも市民の皆さんの応援がひときわ目立ち10日間に及ぶ空の祭典は幕をおろしました。
7日間で31のタスクを競った結果、佐賀熱気球世界選手権のチャンピオンはUSAのレット・ハートシル選手元世界チャンピオンのお馴染みジョー・ハートシル選手の息子さんで、今回も親子で世界選手権に挑みました。親子2代で世界チャンピオンの栄冠に輝きました。2位はリトアニアの リマス・コスティウスケヴィチウス選手、 3位はスイスの シュテファン・ツェベリ選手でした。尚、日本代表選手は最高位が8位の佐藤将史選手。藤田雄大選手が11位、上田諭選手は13位という好成績をあげました。
2016熱気球ホンダグランプリ
1位 Team Scaife 197P
2位 Yazuya Balloon Team 187P
3位 気球屋RACING TEAM 165P
4位 アイリスオーヤマ風翔軍&エアリバ 148P
5位 B.T.Ze’phyr 142P
6位 翔草 124P
※2016佐賀熱気球世界選手権リザルトはこちらをご覧ください▼
※大会中の速報並びに写真はブログとFacebookページにアップロードしてあります
熱気球ホンダグランプリブログ QRコード
AirB Facebook QRコード
2016熱気球ホンダグランプリ 各大会のリザルト
渡良瀬 佐久 鈴鹿 一関・平泉
熱気球ホンダグランプリが25周年によせてNEW!
「2017熱気球ホンダグランプリ」第3戦-東日本大震災復興支援イベント-一関・平泉バルーンフェスティバル2017開催
東日本大震災復興支援イベント第22回「空を見上げて」IN大船渡開催〜熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある
東日本大震災復興支援熱気球イベント 第21回「空を見上げて」IN東京 2017年8月5日(土)〜6日(日) 熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある!!!
「2017熱気球ホンダグランプリ」開催日程
所沢航空記念公園 早起きして「ふわり」熱気球体験 2017年のスケジュール
空の強者たちが王者の座をかけて佐賀「2016熱気球ホンダグランプリ」最終戦 「2016佐賀熱気球世界選手権」レポート
2016熱気球ホンダグランプリ第4戦 一関・平泉バルーンフェスティバル2016レポート
第19回「空を見上げて」IN亘理 レポート 〜熱気球と笑顔で復興支援〜
「2016佐賀熱気球世界選手権」告知イベント「バルーンフェスタIN駒沢」レポート
2016熱気球ホンダグランプリ第3戦「鈴鹿バルーンフェスティバル2016」レポート
東日本大震災復興支援イベント第18回「空を見上げて」IN大船渡
東京ベイフロントに熱気球が!東日本大震災復興支援イベント第17回「空を見上げて」IN東京
「佐久バルーンフェスティバル2016」レポート
第16回「空を見上げて」INいわき「いわきバルーンフェスティバル2016」―熱気球の側にはいつも子供たちの笑顔がある!― レポート
満開の桜との競演「渡良瀬バルーンレース2016」レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2015」レポート
「2015佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
東日本大震災復興支援イベント 第15回「空を見上げて」IN亘理 レポート
2015熱気球ホンダグランプリ第3戦 一関・平泉バルーンフェスティバル2015レポート
第13回「空を見上げて」IN東京 レポート〜気球に乗って被災地支援!〜
「佐久バルーンフェスティバル2015」レポート
2014熱気球ホンダグランプリ最終戦「2014とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ 」レポート
「2014佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
一関・平泉バルーンフェスティバル2014レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2014」レポート
熱気球大会ボランティアスタッフ*オブザーバー*アナウンサー 募集中
第10回「空を見上げて」IN大船渡 レポート
第9回「空を見上げて」IN東京 レポート 〜気球に乗って被災地支援!〜
「佐久バルーンフェスティバル2014」レポート
「渡良瀬バルーンレース2014」レポート
「一関・平泉バルーンフェスティバル2014」の開催が決定しました
2013熱気球ホンダグランプリ最終戦「2013とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ」レポート
「2013佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」レポート
第8回「空を見上げて」IN亘理レポート
一関・平泉バルーンフェスティバル2013レポート
「鈴鹿バルーンフェスティバル2013」レポート
第7回「空を見上げて」IN大船渡 レポート
第6回「空を見上げて」IN東京 レポート〜気球に乗って、被災地支援!〜
エジプトでの熱気球の事故と今後のAirBの活動に関して
一関・平泉バルーンフェスティバル レポート
「今日までがんばってきてよかった」の声を聞くことができて
「佐久バルーンフェスティバル2011」震災復興支援イベントのご報告
日本気球連盟渡良瀬連絡会 東日本大震災復興支援イベント「熱気球応援隊」
地震お見舞いとお知らせ
人気コミック「よつばと!」でグランプリ大会が!
動くパノラマ写真@所沢航空記念公園
動くパノラマ写真@鈴鹿BF
クリスマス夜間係留体験搭乗@所沢航空記念公園
両毛クリスマス・バルーン・フェスタ2009 レポート
ワールド・エア・ゲームズ2009 イタリア トリノで開催!
はじめまして!駒沢公園@バルーン!〜2008 バルーンフェスタin 駒沢〜
モンゴルバルーンフェスティバル2008 開催報告
World Balloon Trophy - Honda Cup 2008 HONDA Team 4位!
18th FAI World Hot Air Balloon Championship「第18回 熱気球世界選手権」開催!日本代表選手を応援しよう!特集
HONDA NEW BALLOON ☆ お披露目フライト
渡良瀬熱気球教室@藤岡町の小学校
Copyright (C) AirB 2016. All Rights Reserved.