AirB Web Site
Home
News
About AirB
Activity
How-To
Try
Grand Prix
Membership
Links
Mail Magazine
Shop
Contact Us
HONDA
JBS
News
2019熱気球ホンダグランプリ第2戦
佐久バルーンフェスティバル2019 3日間の夢広場
2019熱気球ホンダグランプリ第2戦「佐久バルーンフェスティバル2019」が5/3~5/5に開催されました。
※競技の解説はこちらをご覧ください▼
開会式でのビッグサプライズは佐久市のニューバルーン「北斗の拳バルーン」のお披露目です。ケンシロウをはじめ北斗四兄弟がプリントされた豪華な気球に会場からは「おおー」と歓声が上がりました。原作者の武論尊氏も来場し、新しい気球は注目の的でした。
さて、ホンダグランプリといえばやはりハイレベルな競技でしょう。初日朝は天候に恵まれ今朝の競技は#1HWZ#2FONを実施。会場からの一斉離陸は、次々に佐久平の空に飛び上がる熱気球に感動です!朝の競技を終えて、藤田雄大選手(2018熱気球グランプリ勝者)ニック・ドナー選手(今年グランプリ全戦参加の元世界チャンピオン)赤間晋選手(過去2回佐久で優勝)が暫定1・2・3位と好発進。
競技気球が離陸を終えると会場にはASIMO・たけしバルーン・佐久の鯉太郎はじめ5機が立ち上がり体験搭乗の始まりです。「北斗の拳バルーン」での体験型熱気球教室とともに熱気球をより身近に感じていただけました。
競技の準備を待つ「NewASIMO」「北斗の拳バルーン」 会場からの一斉離陸 ターゲットへマーカー投下
競技の準備を待つ「NewASIMO」「北斗の拳バルーン」 会場からの一斉離陸 ターゲットへマーカー投下
北斗の拳バルーンお披露目式 熱気球係留 土手には多くのお客さん
北斗の拳バルーンお披露目式 熱気球係留 土手には多くのお客さん
熱気球教室 夜間係留バルーンイリュージョン 夜間係留バルーンイリュージョン
熱気球教室 夜間係留バルーンイリュージョン 夜間係留バルーンイリュージョン
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。
午後は風強く競技は中止に。イベント広場での体験できる様々なコーナー、そして信州名物などの飲食ブースが賑わいをみせていました。
4日も早朝から会場駐車場はほぼ満車で競技チームの車が会場入りするのも苦労するほどでした。毎年人気の「佐久バルーンフェスティバル」ですが、昨年より会場に向かう新しい橋も完成し長野県のみならず関東、中部からの来場者も年々増えています。
競技は#3MDT#4XDD#5PDG#6HWZ#7FONの5つのタスク。ロンチサイト近くで漂い先にMDTのマーカーを投げようとするチーム、PDG等を先に終わらせてから会場に戻るチームなど各チームで戦略が異なる魅力的な競技飛行でした。ロンチサイトに展開されたターゲットには多くのマーカーが投下され、お客さんから歓声が聞こえました。4日朝は正に気球日和、11時過ぎまで体験搭乗をご案内することができ、700名以上の方が少し前まで熱戦のゴールとなった会場で熱気球のふわり体験を楽しみました。
午後は会場で風待ちをしましたが、競技には向かない風が止むことなくキャンセルに。
佐久バルーンフェスティバルの一番人気イベントは熱気球夜間係留「バルーンイリュージョン」ここ数年風強くバーナーバージョンでしたが、今年は開始時間になると徐々に風も収まり久しぶりにフルバージョンで実施!美しく輝く夜のバルーンと音楽、そして花火の華やかなコラボレーションに会場は最高に盛り上がりました。
そして、最終日は#8HWZ#9PDGのWタスクで競技を終えました。
結果、優勝は7343ポイントで藤田雄大選手。2位は7342ポイントと1ポイント差で山岸巧選手。3位は7244ポイントで藤田昌彦選手でした。
今年の熱気球ホンダグランプリはニック・ドナー選手、リチャード・パリー選手などの海外有力選手の参加。そしてグランプリ創年期に水上選手や遠藤選手等と共に大活躍!何度もチャンピオンに輝いた藤田昌彦選手も久しぶりにエントリー。変わらぬ実力を見せてくれたことも印象的でした。
「子どもたちに感動を!」をコンセプトに開催された佐久バルーンフェスティバル。ハイレベルな熱気球競技と熱気球体験。そして誰もが笑顔になれる数多くのイベントで、今年の観客数は過去最高の32万8千人!ますますバルーンファンを増やしたこの大会は、選手も観客もボランティアスタッフも全員が満足の笑顔で幕を下ろしました。
「佐久バルーンフェスティバル2019」
 競技結果
2019熱気球ホンダグランプリ
 第2戦までの暫定順位
1位 藤田雄大選手 7343P
2位 山岸巧選手 7342P
3位 藤田昌彦選手 7244P
4位 片平史郎選手 6353P
5位 赤間晋選手 6297P
6位 ニック・ドナー選手 6133P
1位 翔草 89P
2位 やずやバルーンチーム 89P
3位 Kikyuya & Winbal Balloon Team 86P
4位 Honda Hot Air Balloon Racing Team 76P
5位 SALTY DOGS 72P
6位 風まかせ&くもすけ 71P
「2019熱気球ホンダグランプリ」第3戦は季節を秋にステージを東北に移して、10/12~10/14 岩手県一関市で開催される「一関・平泉バルーンフェスティバル」です。
所沢航空記念公園 早起きして「ふわり」熱気球体験 2021年11月14日(日)の事前申込開始のお知らせNEW!
2021熱気球ホンダグランプリ第2戦 一関・平泉バルーンフェスティバル2021 無観客開催・ライブ配信についてNEW!
2021熱気球ホンダグランプリ第4戦 鈴鹿バルーンフェスティバル2021中止のお知らせNEW!
所沢航空記念公園 早起きして「ふわり」熱気球体験 2021年10月10日(日)の事前申込開始のお知らせNEW!
所沢航空記念公園 早起きして「ふわり」熱気球係留体験 事前申込みの受付開始日変更のお知らせNEW!
熱気球に乗って大空へ!熱気球観光フライト体験!!ご予約受付NEW!
所沢航空記念公園 早起きして「ふわり」熱気球係留体験 2021年8月1日(日)の事前申込、7月22日(木・祝)の追加催行のお知らせ
2021熱気球ホンダグランプリ第1戦 佐久バルーンフェスティバル2021 無観客開催・ライブ配信について
「2021 熱気球ホンダグランプリ」エントリーチーム決定のお知らせ
東日本大震災10年目となる東日本大震災復興支援熱気球イベント「空を見上げて」
「2021 熱気球ホンダグランプリ」開催日程決定
所沢航空記念公園 早起きして「ふわり」熱気球体験 2021年のスケジュール
2020熱気球ホンダグランプリ最終戦 渡良瀬バルーンレース2020 第36回熱気球日本選手権 レポート
2020熱気球ホンダグランプリ最終戦「栃木市・渡良瀬バルーンレース2020」 第36回熱気球日本選手権
「2021 AirB CALENDAR」が完成しました!
東日本大震災復興支援イベント第32回「空を見上げて」INいわき いわきバルーンフェスティバル2020 開催 ~熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある
2020熱気球ホンダグランプリ 第3戦 一関・平泉バルーンフェスティバル2020 開催報告
熱気球ホンダグランプリ 公式Twitter開設のお知らせ
ー東日本大震災復興支援イベントー2020熱気球ホンダグランプリ第3戦 一関・平泉バルーンフェスティバル2020開催
「2019熱気球ホンダグランプリ」最終戦 鈴鹿バルーンフェスティバル2019開催
東日本大震災復興支援イベント第31回「空を見上げて」IN亘理 開催~熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある
東日本大震災復興支援イベント第30回「空を見上げて」IN大船渡開催~熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある
東日本大震災復興支援熱気球イベント 第29回「空を見上げて」IN東京 2019年8月3日(土)~4日(日) 熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある!!!
2019熱気球ホンダグランプリ第2戦 佐久バルーンフェスティバル2019 3日間の夢広場
「子供たちに感動を!」2019熱気球ホンダグランプリ第2戦「佐久バルーンフェスティバル2019」
東日本大震災復興支援イベント第28回「空を見上げて」INいわき いわきバルーンフェスティバル2019開催~熱気球のそばにはいつも子供たちの笑顔がある
開幕戦は桜の「栃木市・渡良瀬」から!2019熱気球ホンダグランプリ第1戦「栃木市・渡良瀬バルーンレース2019」
熱気球ホンダグランプリが25周年によせて
空の強者たちが王者の座をかけて佐賀「2016熱気球ホンダグランプリ」最終戦 「2016佐賀熱気球世界選手権」レポート

Copyright (C) AirB 2019. All Rights Reserved.